競馬で儲けることってできるのかを実践するブログ Ver.Blue

日刊コンピを使い中央競馬のレースを的中させることで、本当に儲けることができるのかを実証・実験する馬券ブログです。

桜花賞で、なぜジュエラーが勝てたのか、おわかりでしょうか?

桜花賞は、本当に歴史に残る素晴らしいレースになりました。
決して馬券が当たったからではありません。
デムーロ騎手の騎乗テクニックに本当に頭が下がりました。

以前、競馬は騎手が重要なファクターであることをお話したことがありました。
海外の騎手と日本の騎手に大きな能力や経験の差があるということです。

今回の桜花賞は、デムーロ騎手は、レースへの取り組み方や勝ち方を見せてくれましたと思います。

そのひとつがレース運びです。

今回は、逃げることができませんでしたが、ルメール騎手は、馬を信じて2・3番手に付けました。
そんなメジャーエンブレムを警戒し、池添騎手が騎乗する2番人気のシンハライトは、そのメジャーエンブレムを見るような形でその直後に付けました。
前走シンハライトは、後方からジュエラーとともに差して勝つことができましたが、
今回、その足を池添騎手は、信頼することができず、メジャーエンブレムの直後から交わしにかかろうという作戦をとったのです。

一方、ジュエラーに騎乗するデムーロ騎手は、ジュエラーの差し足を信頼し、最後方2番手を悠然と走ります。

正直、私もこの位置では、ジュエラーの1着は無いと思ってしましました。
いくらジュエラーの差し足が切れるといっても、はるか前にメジャーエンブレムとシンハライトがいるのですから、普通であれば抜けないと思います。
しかし、デムーロ騎手は、違っていました。
少しも慌てることなく、直線までポジションも上げることなく、
直線のみで、2頭を差し切ろうとしているのです。

さらに、直線を向く4コーナーでは、当然前が壁になっています。

しかし、彼は慌てません。
並みの騎手なら、進路を変えるため、外に馬を向けるはずですが、彼は、そのまま追い出します。
ジュエラーの目前が当然のように開き、ひとつのロスもなく他の馬をかわしていきます。

あとは、グイグイと伸びるジュエラーに鞭を入れ、さらに加速していきます。
シンハライトもメジャーエンブレムをかわし、前に出ますが、その伸び足はジュエラーが1枚も2枚も上でした。

しかし、ここにきてもシンハライトをかわすことは無理だと私は思いました。
もうゴールが迫っているのです。

正直な話、内のシンハライトが前で、外のジュエラーが、少し届いていないように見えました。

また、前走と同じく鼻差でシンハライトに負けてしまったと思いました。だれもが思ったに違いありません。

しかし、スロー映像を見て驚きました。
デムーロ騎手の左手は、手綱を押しているだけではなく、ゴール直前でジュエラーの首を手綱と一緒に前に押し出しているのです。

デムーロ騎手がわかってそうしたのか、意識なくそうしているのかは正直わかりません。
しかし、それによって、鼻差だけジュエラーが勝っているのです。

デムーロ騎手の勝利インタビューでは、ゴールのタイミングが悪く、馬が頭をあげたところがゴールだったと語っていましたが、実際は、その上がった頭を首ごと前に押し出しているのです。
あんな一瞬で、そんなことができるのです。
その小さく大胆なテクニックが、レースに勝てるかどうかなのです。

正直、恐ろしいと思いました。
あのたどたどしい日本語を話している外国人が、そんなことをこっそりと当たり前のようにやってのけているのです。
この桜花賞で気づいたところは、そんなところですが、もっと目に見えないところで細かなテクニックを積み重ねているとすると、日本の騎手は到底及ばないはずです。

しかし、ハイブリッドウイナーの本命は、ハズレません。
これで、今年のG1はすべて的中です。どんどん記録を伸ばしていきたいですね。
応援よろしくお願いします。